欧州株:3カ月ぶり安値、ウクライナ国境でロシアが兵力増強

6日の欧州株式市場では指標のスト ックス欧州600指数が約3カ月ぶりの安値を付けた。ドイツ製造業受注 が予想に反して減少したほか、ウクライナ国境付近でロシアが兵力を増 強していることが背景にある。

フランスの携帯電話会社イリアッドは5.7%安。事情に詳しい関係 者によると、同社が提示した150億ドルの買収案を米TモバイルUSは 拒否する計画だ。同社の親会社であるドイツテレコムは2.8%下げた。 スイス再保険は3%安。第2四半期利益がアナリスト予想に届かなかっ た。

ストックス欧州600指数は前日比0.9%安の329.21で終了。年初来上 昇率は0.3%に縮小した。西欧市場では18カ国全てで主要株価指数が下 落。独DAX指数と英FTSE100指数はそれぞれ0.7%下げ、仏 CAC40指数は0.6%安となった。ポルトガルのPSI20指数は4.1%の 大幅安。

オールド・ミューチュアル・グローバル・インベスターズの欧州株 責任者、ケビン・リリー氏は電話で「地政学的に大きなイベントの展開 に留意しつつ、市場参加者は夏季休暇シーズンに入ってリスクオフの動 きに出ている」と語った。

この日は、ロシアがウクライナに侵攻するとの懸念が強まった。米 国防省の報道官は、ロシアがクリミアを併合した春の時点よりもウクラ イナの領土に一段と近い場所に部隊を配置していると指摘した。

同日発表された6月のドイツ製造業受注は前月比3.2%減少 し、2011年9月以来の大幅マイナスとなった。エコノミストの予想中央 値では0.9%増加が見込まれていた。

原題:Europe Stocks Fall Amid Russian Troop Buildup on Ukraine Border(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE