スプリント:ヘッセCEOの退職手当て、4000万ドル超も

ソフトバンク傘下の米携帯電話会社 スプリントのダン・ヘッセ最高経営責任者(CEO)の退職手当は、現 金、株式および諸手当合わせて4000万ドル(約41億円)を超える可能性 がある。

退職金の内訳はストックオプション(自社株購入権)や制限付き株 式といった長期的なインセンティブが大半を占める。インセンティブの 部分だけでも3月末時点の同社株価を基に算出すると4830万ドルとな る。現在の同社株価はその時点から21%下落している。スプリントが6 月に当局に提出した届け出によると、ヘッセ氏の退職手当てはその時点 では計5620万ドルになっていた。

スプリントは次期CEOに携帯電話の卸売会社、米ブライトスター の創業者マルセロ・クラウレ氏を指名した。ヘッセCEOは2007年以 降、スプリントを率いてきた。事情に詳しい関係者が5日明らかにした ところによると、スプリントはTモバイルUS買収に向けた協議を打ち 切った。

原題:Sprint’s Hesse Poised for $40 Million or More in Severance Pay(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE