米貿易赤字:6月は予想外に縮小、5カ月ぶり低水準

6月の米貿易赤字は市場の予想外に 縮小した。輸入がここ1年で最大の減少となったことを反映した。

米商務省が発表した6月の貿易収支統計によると、財とサービスを 合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は前月比7%縮小 し、415億ドルとなった。赤字額は1月以降で最少。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は448億ドルだった。前 月は447億ドル(速報値444億ドル)に修正された。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのグローバル・エコノミス ト、ジェイ・ブライソン氏は「消費が力強いことから、輸入は再び増え るだろう」とし、「米国は大半の先進国よりも良い状況だ」と続けた。 その上で、輸出も増加する可能性がある一方で「全般的に見て、貿易が 経済にそれほど大きく寄与することはないだろう」と予想した。

輸入額は1.2%減の2374億ドル。減少率は2013年6月以来で最大。 自動車・同部品の輸入は10億7000万ドル減少。携帯電話は11億2000万ド ル減った。

石油の輸入は274億ドルで、10年11月以来の低水準だった。石油を 除いたベースでの貿易赤字は269億ドル(前月295億ドル)に縮小した。

輸出額は0.1%増と、前月の1.1%増から減速した。民間航空機や医 薬品、化学品などが増えた。

国内総生産(GDP)の算出に使用されるインフレの影響を除いた 実質財収支の赤字は488億ドルに縮小。5月は520億ドルだった。

い。

原題:Trade Deficit in U.S. Unexpectedly Shrinks to Five-Month Low (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE