PIMCO:ディストレスト債運用担当にシュワルツ氏を採用

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)は、ディストレストクレジットを主な 運用対象とするマネーマネジャーとして、イーサン・シュワルツ氏を採 用した。同社は世界最大の債券ファンドを含めて1兆9700億ドル (約202兆円)相当の資産を管理・運用する。

5日の発表資料によれば、ディストレスト債投資を手掛けるコント ラリアン・キャピタル・マネジメントのシニアアナリストだったシュワ ルツ氏は今週からニューヨークを拠点にPIMCOでの勤務を開始し た。コーポレート・ディストレスト・ポートフォリオの運用責任者サ イ・デワバクチュニ氏が直属の上司となる。

発表資料によれば、シュワルツ氏はコントラリアンで約27億ドル相 当のヘッジファンド資産の運用に携わっていた。

原題:Pimco Hires Contrarian’s Schwartz to Manage Distressed Debt (1)(抜粋)

--取材協力:Alexis Leondis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE