ロ大統領、欧米制裁への報復策指示-シベリア上空通過規制か

ロシアのプーチン大統領は米国と欧 州連合(EU)の制裁への対抗措置を準備するよう政府に命じた。一方 ポーランドは、ロシアがウクライナ国境に展開する兵力を新たに増強し ており、侵攻の恐れがあると警鐘を鳴らした。

ポーランドのシコルスキ外相は5日、TVN24BiSテレビとのイ ンタビューで、「ロシアはウクライナ国境沿いに十数の大隊規模の戦闘 部隊を配備し、即応態勢を回復した」と発言。同相は侵攻が差し迫って いるとは示唆しなかったが、「部隊は重装備だ。これは通常、圧力を加 えようとする時か、侵略する時だ」と指摘した。

東部で親ロシア派武装勢力に攻勢を掛けたウクライナ政府も国境部 でのロシア軍の新たな配備に警告を発した。東部ドネツク市の議会は5 日夜、同市郊外で「激しい戦闘が起きており」、民間人2人が死亡した と述べた。

5日付のロシア紙ベドモスチは複数の関係者の話を基に、ロシアが 報復措置として欧州の航空会社のアジア便のシベリア上空を通過するル ートを禁止ないし制限する可能性があると報じた。

プーチン大統領はボロネジ州のアレクセイ・ゴルデーエフ知事との 会談の中で、「ロシア経済に圧力をかけるための政治的手段は容認でき ない。こうした措置はあらゆるルールや常識に反する」と発言。報復は どんなものであれ「生産者を支援しつつ消費者に打撃が及ばないよう極 めて慎重に行う必要がある」と述べた。

原題:Putin Lashes Out on Sanctions as Poland Cites Invasion Risk (1)(抜粋)

--取材協力:Kateryna Choursina、Daria Marchak、Sangwon Yoon、Henry Meyer、James G. Neuger、Joseph Ciolli、Jeremy Herron.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE