ガザ停戦、カイロでの交渉が本格化-より長期的な解決策探る

エジプトの首都カイロでパレスチナ などの交渉団はガザ地区をめぐる停戦協議を本格化させ、同地区の軍事 紛争の持続的な解決策を探っている。イスラエルは5日、72時間の停戦 入りに伴いガザに展開していた地上部隊を撤収させた。

エジプトが調停した合意により、現地時間5日午前8時(日本時間 同午後2時)から停戦に入った。イスラエルはガザからの地上部隊の撤 収を完了したと表明した。

パレスチナとエジプト、米国の外交当局者は既にカイロで、より長 期的な合意を目指し議論している。イスラエル紙ハーレツとエジプトの 中東通信(MENA)によれば、イスラエルの代表団も5日遅くカイロ 入りした。イスラエル首相府はコメントを控えた。同国は停戦合意が順 守されれば協議に参加する意向を示していた。

原題:Cairo Talks Set to Address Gaza Dispute as Cease-Fire Holds(抜粋)

--取材協力:Tarek El-Tablawy、Zaid Sabah、John Walcott、Felice Maranz、Amy Teibel、David Wainer、Gwen Ackerman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE