米ウォルグリーン、スイスのブーツを153億ドルで買収へ

米ドラッグストアチェーン最大手、 ウォルグリーンは約153億ドル(約1兆5700億円)を支払って、欧州で チェーン展開する同業のアライアンス・ブーツを100%取得する計画を 明らかにした。買収は節税目的ではないと言う。

ウォルグリーンはスイスのベルンに本社を置くブーツの株式45%を すでに保有しており、現金約52億9000万ドルと自社株100億ドル相当で 未保有株を取得する計画。同社が6日発表した。ニューヨーク株式市場 では通常取引前の午前7時10分現在、時間外取引でウォルグリーンの株 価が9.2%下げている。

ウォルグリーンはシカゴ近郊に置く本社を移転する考えはない。同 社はかつて、節税を目的に本社の海外移転を検討していたが、政治的圧 力を受けて方針を転換した。

同社はまた、最大30億ドル相当の自社株購入計画と1株33.75セン トの四半期配当を発表した。

原題:Walgreen Stays in U.S. in $15.3 Billion Alliance Boots Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE