BNYメロン傘下ファンド:アルゼンチンのデフォルトで損失

米銀バンク・オブ・ニューヨーク (BNY)メロンは、ブラジルに本拠を置く同社の投資ファンドの1つ でアルゼンチン国債に関連した投資損失を計上し、資産価値が5割強減 少したことを明らかにした。

同行のブラジルの資産運用会社BNYメロンDTVMが4日に監督 当局に提出した資料によれば、「ブラジル・ソブリンIIフンド・ジ・ インベスチメント・ジ・ジビダ・エステルナFIDEX」はアルゼンチ ン債に関連したクレジットリンク債で引当金を積んだ後、今月1日に1 億9790万レアル(約89億円)の損失を計上した。証券当局によると、同 ファンドの投資家は1人で、投資家名は公開情報ではない。

アルゼンチン債で5億3900万ドル(約553億円)の利払いが先週不 履行となったのを受け、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)と フィッチ・レーティングズは同国の格付けをデフォルト(債務不履行) に引き下げた。国際スワップデリバティブ協会(ISDA)は先週、ア ルゼンチン債の利払い不履行について、10億ドル相当のクレジット・デ フォルト・スワップ(CDS)の決済を引き起こす信用事由に当たると 判定した。

ブラジル証券当局のウェブサイトで利用可能なデータによると、同 ファンドの資産価値は7月31日時点で3億8440万レアルで、今月1日に は1億8550万レアルに減少した。

原題:Bank of New York-Managed Fund Loses 51% on Argentina Default (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE