NY銅先物:8週ぶり大幅安-ドル高で投資先としての魅力低下

5日のニューヨーク銅先物相場は約 8週間ぶりの大幅な下げとなった。ドル高を受けて、代替投資先として の産業用金属の魅力が低下した。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は約5カ月ぶりの高値を付けた。米供給管理協会(ISM)が 発表した7月の非製造業総合景況指数が2005年12月以来の高水準となっ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 9月限は前日比1.2%安の1ポンド=3.2045ドルと、6月6日以来の大 幅な下落率で取引を終了した。

原題:Copper Futures Cap Biggest Loss in Eight Weeks as Dollar Climbs(抜粋)

--取材協力:Agnieszka Troszkiewicz、Ekaterina Shatalova、Andrea Wong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE