米国株:反落、ウクライナ懸念強まる-エネルギー株が安い

米株式相場は反落し、前日の上昇分 を失った。主要株価指数は終値ベースで5月以来の安値。エネルギー株 が大きく下げたほか、ウクライナでの緊張悪化をめぐる懸念が売りを誘 った。

エネルギー関連ではハリバートンとパイオニア・ナチュラル・リソ ーシズの下げが目立った。ターゲットも安い。暫定決算で利益が自社予 想を下回ったことが嫌気された。米国での売り上げが引き続き低調だっ たほか、カナダ事業も厳しさが続いた。一方でダラー・ゼネラルは上 昇。事情に詳しい複数の関係者は、同社がファミリー・ダラー・ストア ーズへの買収提案を検討していると明らかにした。通常取引終了後に決 算を発表したクーポン共同購入サイト運営のグルーポンは時間外取引で 大きく下落した。

S&P500種株価指数は前日比1%安の1920.21。これは5月29日以 来の安値。前日は0.7%上昇していた。ダウ工業株30種平均はこの 日139.81ドル(0.8%)下げて16429.47ドル。シカゴ・オプション取引 所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX)は12%上昇した。

スタイフェル・ニコラウスの株式トレーディング担当マネジングデ ィレクター、ルー・シャダク氏は「市場参加者は神経質になっている」 とし、「ポーランドのシコルスキ外相は、ロシア軍がウクライナに圧力 を掛けるか侵攻する構えだと発言しており、買いを手控えるにはそれだ けで十分だった」と続けた。

ウクライナ情勢

ロシアのプーチン大統領は米国と欧州連合(EU)の制裁への対応 を準備するよう政府に命じた。一方でポーランドは、ロシアがウクライ ナ国境に展開する兵力を増強しており、侵攻の可能性が高まっていると 警告を発した。

S&P500種は午後に下げを拡大。ポーランドのシコルスキ外相 は、ロシアがウクライナ国境に部隊を配備し、即応力を回復させたと指 摘した。

BB&Tウェルス・マネジメントのシニアバイスプレジデント、ウ ォルター・ヘルウィグ氏は「S&P500種の下落には、ロシアがウクラ イナ侵攻の準備を整えつつあるとの憶測が影響したのだろう」と分析し た。

株価上昇局面

金融当局による3回の刺激策も寄与し、S&P500種は09年3月の 強気相場の始まりから184%上昇。11年以来、10%安の調整局面を経験 していない。

米ヘッジファンド運用会社グリーンライト・キャピタルのデービッ ド・アインホーン社長は、5年にわたる株価上昇局面の中で、投資価値 を見いだすことに苦労している。

アインホーン氏は5日、同社の業績に関する電話会議で「今四半期 は新たな投資先を探すのに苦労した」と述べ、「強弱が混在した経済統 計が発表されていることや世界情勢不安、さらに遅ればせながらも連邦 準備制度による量的緩和からの出口が視野に入ってきた中で、相場は上 昇を続けている。当社は引き続き慎重にポジションを取っている」と述 べた。

S&P500種の業種別10指数はこの日すべて下落。エネルギー株 は2.1%、公益株は1.3%それぞれ下げた。

この日は製油所の稼働率が低下するとの見方から原油需要が減少す るとの観測が広がり、ニューヨーク原油先物相場が下落。これを手掛か りにエネルギー株は売られた。

パイオニア・ナチュラル・リソーシズは5.6%安。ハリバートン は3.4%下げた。

ターゲットは4.4%安。ダラー・ゼネラルは3.4%上昇した。

グルーポンはニューヨーク時間午後4時44分時点で17%安となって いる。7-9月(第3四半期)の利益見通しがアナリスト予想に届かな かった。

原題:U.S. Stocks Decline on Ukraine Concern as Energy Shares Retreat(抜粋)

--取材協力:Sofia Horta e Costa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE