NY原油:6カ月ぶり安値、製油活動の低下で需要減少観測

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は反落。製油所の稼働 率が低下するとの見方から、原油需要が減少するとの観測が広がり、6 カ月ぶり安値となった。

コンサルティング会社ショーク・グループ(ペンシルベニア州ヴィ ラノヴァ)のスティーブン・ショーク社長は「製油活動は既に今年のピ ークを過ぎた。減少は続くはずだ」と指摘。「ガソリン需要最盛期であ る夏のドライブシーズンは、もう4週間しか残っていない。価格を支え る材料はあまりない」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日 比91セント(0.93%)安の1バレル=97.38ドルで終了。終値としては 2月5日以来の安値。

原題:WTI Falls to Six-Month Low on Refinery Outlook; Brent Tumbles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE