香港株(終了):H株指数、下落-中国サービス業PMI響く

香港株式市場でハンセン中国企業株 (H株)指数は下落。英HSBCホールディングスとマークイット・エ コノミクスが発表した7月の中国サービス業購買担当者指数(PMI) は統計開始後で最も低い水準となった。一方、上場初日のWHグループ (万洲国際)は急伸した。

中国本土企業から成るH株指数は前日比0.7%安の11009.84で終 了。前日は1%高だった。ハンセン指数は前日比0.2%高の24648.26。

中信証券(6030 HK)は2.5%安。前日の6.9%高から反落した。杭 州市に本社を置く不動産開発会社、緑城中国(3900 HK)は12%安。利 益見通し引き下げが響いた。

豚肉供給で世界最大手のWHグループ(288 HK)は新規株式公開 (IPO)価格比7.4%高で引けた。

IGインベストメント・マネジメント(香港)のファンドマネジ ー、ベンジャミン・タム氏は「最近の上昇後、引き続き値固めの状況 だ」と指摘。「中国経済は依然として改善を続けているが、その勢いは 弱まっている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE