7月のユーロ圏サービス業の活動拡大ペース、見積もり下回る

ユーロ圏の7月のサービス業活動は 見積もりほど拡大しなかった。域内景気の先行きをめぐる懸念が続く状 況を示した。

英マークイット・エコノミクスが5日発表した7月のユーロ圏サー ビス業購買担当者指数(PMI)改定値は54.2と、前月の52.8から上昇 したものの、先月24日発表の速報値(54.4)から下方修正された。サー ビス業と製造業を合わせた総合PMI改定値は53.8と、これも速報値 (54.0)を下回った。前月は52.8だった。両指数は50が活動拡大・縮小 の分かれ目。

マークイットのチーフエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は 「調査はユーロ圏域内総生産(GDP)が四半期ベースで0.4%成長し ていることを示唆しているが、これによる雇用創出が極めて緩やかにと どまっていることが懸念材料だ」と述べ、「向こう数カ月の成長ペース の方向性をめぐっても大きな不透明感がある」と語った。

原題:Euro-Area Services Grew Less Than Initially Estimated in July(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE