GMファイナンシャルに召喚状-サブプライム自動車ローンで

米連邦検察当局は自動車メーカー、 ゼネラル・モーターズ(GM)の金融部門GMファイナンシャルの事業 慣行について情報提供を求める召喚状を発布した。

GMファイナンシャルによる4日の届け出によれば、司法省は2007 年以降のサブプライム(信用力の低い個人向け)ローンの引き受け基準 や組成、保証、証券化について文書の提出を求めている。

GMファイナンシャルの広報担当クリッシー・ハインク氏は電子メ ールで、「召喚状に嫌疑は明記されておらず、社として協力している。 この要請はサブプライム自動車ローン全般に照準を定めているものだと われわれは理解している」とコメントした。

原題:GM Subprime Auto Lending Draws Attention of U.S. Investigators(抜粋)

--取材協力:Tom Schoenberg、Mark Clothier、Elizabeth Dexheimer.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE