ブレイディ氏が死去、レーガン元米大統領暗殺未遂事件で重傷

故レーガン元米大統領の報道官を務 めたジェームズ・ブレイディ氏が4日、死去した。73歳だった。同氏 は1981年のレーガン大統領暗殺未遂事件で重傷を負い、その後は車いす 生活を余儀なくされていた。

ブレイディ家のスポークスウーマン、ゲイル・ホフマン氏によれ ば、ブレイディ氏はバージニア州アレクサンドリアの退職者向け施設で 息を引き取った。死因は負傷に起因する諸疾患の合併症。

ブレイディ氏は事件後、サラ夫人と共に銃規制運動を展開。93年に 成立した銃購入希望者の犯罪歴調査を義務付ける法律は、同氏の名を取 って「ブレイディ法」と呼ばれている。

原題:James Brady, Wounded in President Reagan Shooting, Dies at 73(抜粋)

--取材協力:Heidi Przybyla、Kristin Jensen、Del Quentin Wilber.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE