中国:7月のHSBCサービス業PMI、統計開始後で最低

中国のサービス業活動を測る民間の 指標が7月、記録的な低水準に落ち込み、活動の停滞を示した。中国当 局が打ち出す刺激策が、製造業以外の分野で十分な効果を発揮していな い可能性が示唆された。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが5日 発表した7月の中国サービス業購買担当者指数(PMI)は50.0と、6 月の53.1から低下した。PMIは50が活動の拡大・縮小の境目。中国国 家統計局と中国物流購買連合会が3日発表した7月の非製造業PMI は54.2と、6カ月ぶりの低水準だった。

7月のHSBCサービス業PMIは、2005年の統計開始後の最低水 準となった。住宅価格の下落や建築着工の減少が、国内総生産( GDP)の半分程度を占めるサービス業活動の足かせとなっている様子 がうかがえる。国際通貨基金(IMF)は先週、不動産は中国経済にと って短期的に最大のリスクだと警告した。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏(香港在勤)は 5日の発表資料で「数字の弱さは、多くの都市で続いている不動産低迷 の影響を映している公算が大きい」と分析。「不動産市場の調整の影響 を打ち消し、景気回復を確かなものにするために継続した政策支援」が 必要であることをこの日のPMIが示していると指摘した。

HSBCのサービス業PMIは製造業PMIとは対照的な内容とな った。1日発表された7月のHSBC中国製造業PMI改定値は51.7 と、1年半ぶりの高水準。統計局発表の7月の製造業PMIも51.7に上 昇し、2年余りで最も高い値だった。

原題:China Services Index Falls to Record Low as Expansion Stagnates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE