米ヤム・ブランズ:中国部門の経営陣が顧客呼び戻しに努力

「KFC」や「ピザハット」を展 開する米ヤム・ブランズは、食肉の仕入れ先での食品の安全性をめぐる 不祥事が業績に悪影響を与えたことを受けて、同社の中国チームが顧客 呼び戻しの努力を続けていることを明らかにした。

ヤム・ブランズのデービッド・ノバック会長兼最高経営責任者 (CEO)は4日の内部文書で、「中国の経営陣が顧客の信頼と売上高 の回復に懸命に取り組んでいる」とコメントした。この文書は同社が全 世界の4万を超える店舗と約150万人の店舗従業員に電子メールで送付 された。

中国当局は7月、期限切れ製品の販売をめぐり米OSIグループ傘 下の上海福喜食品に対する捜査を開始した。ヤム・ブランズはこの不祥 事発覚後、OSIとの取引関係を打ち切った。

原題:Yum Brands Is Working to Win Back Customers in China, CEO Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE