香港金融管理局:米ドル買いの市場介入-ロシアの資金流入か

香港金融管理局(HKMA、中央銀 行に相当)は4日、香港ドルの上昇を阻止するため為替市場に介入し た。ウクライナ情勢をめぐる制裁を受けロシアから資金が香港に流れ込 んでいるという観測が強まった。

HKMAブルームバーグのページに掲載されたデータは、HKMA が同日の香港とニューヨーク市場の取引時間帯に9億2500万米ドル (約950億円)の米ドル買いを行ったことを示している。

ブルームバーグがまとめたデータによると、HKMAは先月83 億9000万米ドルを買い入れており、これは月間ベースで少なくとも2012 年10月以来の大きな米ドル買い介入額となる。ルネサンス・キャピタル によれば、ロシアの資本流出は7月に約25億米ドルに達した。

原題:Hong Kong Defends Peg as Sanctions Fuel Russian Cash Flows (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE