アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場でハンセン中国企業株(H株)指数は下落。英 HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが発表した7 月の中国サービス業購買担当者指数(PMI)は統計開始後で最も低い 水準となった。一方、上場初日のWHグループ(万洲国際)は急伸し た。

中国本土企業から成るH株指数は前日比0.7%安の11009.84で終 了。前日は1%高だった。ハンセン指数は前日比0.2%高の24648.26。

中信証券(6030 HK)は2.5%安。前日の6.9%高から反落した。杭 州市に本社を置く不動産開発会社、緑城中国(3900 HK)は12%安。利 益見通し引き下げが響いた。

豚肉供給で世界最大手のWHグループ(288 HK)は新規株式公開 (IPO)価格比7.4%高で引けた。

IGインベストメント・マネジメント(香港)のファンドマネジ ー、ベンジャミン・タム氏は「最近の上昇後、引き続き値固めの状況 だ」と指摘。「中国経済は依然として改善を続けているが、その勢いは 弱まっている」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上場不動産開発会社で国内最大手の万科企業 の販売減少に加え、中国のサービス業活動を測る民間指標が統計開始以 降で最低の水準に落ち込んだことが響いた。

万科企業(000002 CH)は深圳市場で2.1%安。保利房地産集団 (600048 CH)も1.7%下落し、業種別では不動産株の指数が最も大幅な 下げとなった。一方、上海上場初日の重慶川儀自動化(603100 CH) は44%高。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は前 日比0.2%安の2219.95で終了。前日は1.7%上昇だった。上海、深圳両 証取のA株に連動しているCSI300指数は0.3%安。

市場のタイミングを測る指標を開発したトム・デマーク氏は上海総 合指数について、上昇局面は数日以内に終了し、その後は約10%下落す るとの見通しを示した。同氏は昨年も同指数のピークを予測した。

浙商証券の張延兵アナリスト(上海在勤)は「前日の取引で大幅に 上昇し、調整の必要がある」と指摘。上海株の売りを勧めるデマーク氏 について、「これまで何度か正確だったことから、一部の人々は信じる かもしれない」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式市場では指標のS&Pセンセックス指数が続伸。インド 準備銀行(中央銀行)が経済成長を損ねることなくインフレ対策を進め る方針を示したことが手掛かり。

自動車関連銘柄は総じて高く、トラクターメーカーのマヒンドラ・ アンド・マヒンドラは3.8%上昇。金属銘柄ではヒンダルコ・インダス トリーの上げが目立った。製薬会社のサン・ファーマシューティカル・ インダストリーズは3営業日ぶりの上昇で、1.6%高となった。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比184.85ポイント (0.7%)高の25908.01で終了。一時は0.6%下げた。

ラジャン総裁率いるインド中銀は政策金利を据え置いた一方、融資 を促すため市中銀に国債投資で義務付けている預金の割合を引き下げ た。同総裁は政策発表後、ムンバイで記者団に対し、政策金利を「高水 準に必要以上に長い期間」維持することはないと述べ、インフレ抑制が 成長への「最善の環境」をもたらすと付け加えた。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比22.31ポイント(0.4%)安 の5518.56。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比14.16ポイント(0.7%)安の2066.26。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比188.75ポイント(2%)安の9141.44。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE