NY銅先物:上昇、1週間ぶり大幅高-米製造業見通し改善で

4日のニューヨーク銅先物相場は上 昇し、約1週間ぶりの大幅高となった。世界2位の銅消費国である米国 で、製造業活動の活発化の兆候が示されていることが好感された。

5日発表される6月の米製造業受注は、ブルームバーグがまとめた エコノミスト予想で前月比0.6%増が見込まれている。5月は0.5%減だ った。米供給管理協会(ISM)が1日発表した7月の製造業総合景況 指数は2011年4月以来の高水準。ロンドン金属取引所(LME)指定倉 庫の銅在庫は引き続き減少し、08年8月以来の低水準となっている。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 9月限は前週末比0.9%高の1ポンド=3.244ドルと、中心限月として7 月24日以来の大きな上昇率となった。

原題:Copper Advances Most in a Week on Manufacturing Outlook in U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE