イラク、最大のダムめぐり武装組織とクルド人治安部隊が衝突

武装組織が勢力を広げるイラクで は、同国最大のダムの制圧を狙う国際テロ組織アルカイダ系の武装集団 とクルド人治安部隊が衝突した。

イスラム過激派の「イスラム国」は先月、イラク各地を制圧しカリ フ(預言者ムハンマドの後継者)制国家の樹立を宣言。中央政府が治安 を確保できていない状況が浮き彫りとなっている。イスラム国の戦闘員 は今週に入り、2つの油田とクルド人が住民の多数を占める北部の複数 の町を制圧した。

ダム近郊の国境の都市ラビーアに住むアーメド・アルシマリ氏は電 話取材に対し、ダム付近で戦闘が激しさを増しつつあると説明。またラ ビーア、およびシリアとの国境検問所の制圧をめぐっても交戦している と加えた。

アルシマリ氏は「ダムは現在、無人地帯となっている」とし、「戦 闘はダムのすぐ近くで起きている」と続けた。

モスルの北西約50キロメートルにあるモスル・ダムは、電力および 水の主要な供給源となっている。このダムが決壊したり、破壊されたり した場合、モスルや周辺の集落などが洪水に飲まれる恐れがある。

原題:Iraq’s Biggest Dam at Risk as Militants Battle Kurds for Control(抜粋)

--取材協力:Kadhim Ajrash、Khalid Al-Ansary.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE