エスピリト銀救済、ECB審査でのイベントリスク示唆-みずほ

ポルトガルのエスピリト・サント銀 行(BES)の救済劇は欧州中央銀行(ECB)による銀行審査にイベ ントリスクがあることを示唆したと、みずほインターナショナルのアナ リスト、ロジャー・フランシス氏がインタビューで述べた。

BESの例は、銀行が問題に直面してから破綻処理に至るまでの時 間の短さを浮き彫りにしたとフランシス氏はコメント。ECBの銀行審 査は問題銀行の資本再強化に十分な時間があることを想定しているが、 そうならない可能性をBESが示したと指摘した。

同氏はまた、49億ユーロ(約6750億円)規模のBES救済から教訓 を得て、今後は欧州の銀行の劣後債と優先債のスプレッド(利回り格 差)が拡大するだろうとも述べた。

原題:BES Bailout Raises Event Risk From ECB’s Review of Banks: Mizuho(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE