香港株(終了):H株指数、反発-金融株が高い

香港株式市場でハンセン中国企業株 (H株)指数は反発。約3週間ぶりの大幅な下げとなった前週末から上 昇に転じた。中国光大など金融銘柄が高い。

中国光大(165 HK)は15%高。親会社の中国光大集団の株主構造を 改革する計画を手掛かりに買われた。第一上海投資(227 HK)は18%上 昇。政府が証券会社への規制を緩和するとの観測から証券株が高い。中 国中煤能源(1898 HK)が6.2%上げるなど、石炭株も値上がりした。

H株指数は前週末比1%高の11088.96で終了。1日は1.3%安と、 7月9日以来の大幅な下げだった。ハンセン指数は前週末比0.3%高 の24600.08。

KGIアジアのディレクター、ベン・クウォン氏は「資金フローは 依然としてアジア市場にとって好ましいものだ」と指摘。「香港株は既 にかなり買われ過ぎの状態となっており、先週末の下落は待望の調整だ った」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE