新興市場株:4日ぶり反発、中国の改革加速の観測で

4日の新興市場株式相場は4営業日 ぶりに反発。テクノロジー株が買われた。中国が国有企業改革を加速さ せるとの観測が広がった。インドネシア・ルピアなどの通貨は上昇して いる。

半導体ファウンドリー(受託生産) 最大手、台湾積体電路製造 (TSMC)は2.9%高。新興市場のテクノロジー株の指標は3営業日 ぶりに上昇に転じた。中国光大は香港市場で12%高。親会社の中国光大 集団の株主構造を見直す計画が好感された。

香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が7カ月ぶり高値を 付けた。ルピアと韓国ウォンはドルに対して上昇。

MSCI新興市場指数は香港時間午後1時19分(日本時間同2時19 分)現在、前週末比0.4%高の1064.07。10業種中7業種が値上がり。

原題:Emerging Stocks Halt Three-Day Loss on China Reform Speculation(抜粋)

--取材協力:Weiyi Lim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE