【今日のチャート】ロシア株、BRICsで独り負け

ロシアと他の新興国市場のデカップ リング(非連動)が進んでいる。ウクライナ問題をめぐる米欧などの対 ロシア制裁を嫌気した投資家が、ロシアから資金を引き揚げてブラジル やインド、中国の株式を購入していることが背景にある。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO) の新興国株式責任者、マーシャ・ゴードン氏(ロンドン在勤)は7月29 日のインタビューで、「R(ロシア)を欠いたBRICsの年になりつ つある」と述べた。

今日のチャートはロシア株の指標であるMICEX指数(赤色)と MSCI新興市場指数(青色)の値動きを示す。ロシアへの制裁や先 月17日のウクライナ上空でのマレーシア航空17便の撃墜の後に、両者が 異なる動きをしていることが分かる。ブルームバーグの集計データによ れば、ブラジルとインド、中国の株式はMSCI新興市場指数の33%を 占める。

MSCI新興市場指数は7月24日、過去1年半余りで最も高い水準 に達した。新興国を対象としたファンドは同月30日、週間ベースで13年 1月以来の大規模な資金流入を記録した。背景には新興国経済への楽観 的な見通しがある。

MICEX指数は年初来8.6%下落。一方、インドのS&Pセンセ ックス指数は同20%上昇。ブラジルのボベスパ指数は8.5%、中国の上 海総合指数は3.3%それぞれ値上がりしている。

原題:Year of BICs for Pimco as Brazil to China Gain: Chart of the Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE