ゴールドマンM&A共同会長に元バークレイズのパーカー氏

企業の合併・買収(M&A)助言業 務のランキングで今年首位となっている米銀ゴールドマン・サックス・ グループは、M&Aグループの共同会長として、英銀バークレイズを約 3カ月前に退職したばかりのポール・パーカー氏を採用した。

パーカー氏(51)はバークレイズでファイナンスのグローバル責任 者を務めた後、昨年10月にM&Aグローバル責任者に任命された。同行 の事業再編に伴い米州部門の最高経営責任者(CEO)を務めたヒュ ー・マギー氏が退職する状況を受けて、今年5月にバークレイズを去る ことを決断した。ゴールドマンの広報担当マイケル・デュバリー氏によ れば、パーカー氏はティム・イングラシア、ジャック・レビ両氏と共に M&Aグループの共同会長を務める。

原題:Goldman Hires Former Head of Barclays Mergers Unit Paul Parker(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE