KKR、豪州の高級ワインメーカー買収提示額を引き上げ

米投資会社KKRとローヌ・キャピ タルは、高級ワイン「ペンフォールズ・グランジ」を生産する世界2位 の上場ワインメーカー、オーストラリアのトレジャリー・ワイン・エス テーツに対する買収提示額を34億豪ドル(約3250億円)に引き上げた。 トレジャリーに今年拒否された買収額に11%上積みした。

監督当局に4日提出した資料によると、KKRとローヌが運用する ファンドはトレジャリー株1株当たり5.20豪ドルを提示した。4月16日 にKKRが示した金額は4.70豪ドルだった。修正後の買収提示額は、ト レジャリー・ワインの直近の終値(4.95豪ドル)を5.1%上回る。

トレジャリーのマーク・クラーク最高経営責任者(CEO)はマー ケティングへの支出拡大やワイナリー・包装工場の売却といった再建策 を打ち出しているが、買収条件が引き上げられたことで同CEOへの圧 力が高まりそうだ。同社は米国で供給過剰問題への対応に苦しむ一方、 中国では政府のぜいたく禁止・節約キャンペーンで販売が抑えられてい る。

KKRによる最初の提案が5月20日に明らかになるまでの1年間で トレジャリー・ワインの株価は36%下落。シドニー時間4日午前11時4 分(日本時間同10時4分)現在は4.2%高の5.16豪ドル。

原題:KKR Lifts Bid for Grange-Maker Treasury 11% to $3.2 Billion (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE