ロンドン金融業界の求人、7月は前月比8%減-大手が鈍化

ロンドンの金融サービス業界の求人 数が7月に前月比で8%減少した。英人材仲介会社アストベリー・マー スデンの調査によると、大手証券会社の採用ペースが鈍化したことが要 因。

アストベリーが4日発表した資料によると、ロンドン金融街のシテ ィーとカナリーワーフの7月の新規求人数は2000人と、6月の2190人か ら減少した。ただ、高頻度取引やアルゴリズム取引などを手掛ける規模 のより小さい企業は「積極的」に新しいポジションを生み出し増員を進 めているという。

アストベリーのアソシエートディレクター、アダム・ジャクソン氏 は資料で「採用を主導しているのは大手投資銀行ではなく規模のより小 さい企業だ」と指摘。これらの企業では「大手投資銀行のような報酬に 関する制約がない。大手行の場合、トップレベルの従業員の報酬に対す る監視が厳しい」との見方を示す。

規制当局や政治家が金融機関の幹部報酬に対する監視を強める中、 投資バンカーにとって規模のより小さい企業の魅力が高まりそうだ。イ ングランド銀行(中央銀行)が先週発表した新規則案によると、トップ レベルのバンカーは付与されてから最長7年間、ボーナスの返還を求め られたり、「無謀な不正行為」を犯した場合には刑事訴追の対象となっ たりする可能性がある。

原題:London Banker Jobs Fall as Large Firms Stall Hires, Survey Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE