アルゼンチンは利払い不履行後も債務協議継続を-米地裁判事

アルゼンチンによる5億3900万ドル (約553億円)の利払い不履行につながった債務問題をめぐる法廷闘争 で、米連邦地裁のトーマス・グリーサ判事は1日の審理で同国と原告の 米ヘッジファンドに危機解決を目指して協議を継続するよう命じた。

アルゼンチン側弁護士は、裁判所指名の仲裁人ダニエル・ポラック 氏による交渉プロセスに「もはや信頼を置けない」と訴えたものの、グ リーサ判事は仲裁人を交代させないと言明した。

アルゼンチン当局者はグリーサ判事とポラック氏に偏りがあるとも 述べたが、同判事はポラック氏について「完全に公平だ。そうでなけれ ば解任するか、決して指名しなかっただろう」と述べた。

原題:Argentina Bond Judge Orders More Talks After Default (3) (抜粋)

--取材協力:Katia Porzecanski.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE