中国:7月非製造業PMI6カ月ぶり低水準-不動産市況悪化で

中国の7月の非製造業購買担当者指 数(PMI)は6カ月ぶりの低水準となった。不動産市況の一段の悪化 が響いた。

中国国家統計局と中国物流購買連合会が3日発表した7月の非製造 業PMIは54.2と、6月の55.0を下回った。同指数は50を上回れば、非 製造業の活動拡大を示す。

同統計は不動産市場の調整が中国経済の成長に与えるリスクを示し ている。中国国家統計局などが先週公表し、2年余りで最高の水準とな った同国の製造業PMIと対照的な内容だった。

購買連合会の蔡進副会長は発表資料で、「閑散期の薄商いを反映し て、不動産相場は引き続き軟化し、値引きのレンジが拡大した」と指摘 した。

HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスは5日 に、7月の非製造業PMIを公表する。6月の同指数は53.1で、過去1 年余りで最高水準を記録した。

原題:China Services Index Drops to Six-Month Low on Real Estate Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE