NY外為:ドルが4カ月ぶり高値から下落-雇用統計に反応

ニューヨーク外国為替市場ではドル が下落。ドル指数は4カ月ぶり高水準から下げた。7月の雇用者数の伸 びが市場予想を下回ったことで、来年に見込まれる政策金利引き上げに ついて、金融当局がペースを加速させるとの観測が後退した。

ドルは円とユーロに対して値下がり。7月の雇用統計では雇用者数 の伸びが予想に届かず、失業率は上昇した。新興国通貨の動きを示す指 数は4カ月ぶり低水準。アルゼンチンの利払い不履行を受け、高リスク 資産の投資妙味が減退した。ポンドは4日続落。英国の製造業活動を示 す指数が予想を下回った。フェデラルファンド(FF)金利先物の動向 によれば、2015年7月までに政策金利が少なくとも0.5%に引き上げら れる確率は58%と、前日の65%から低下した。

インターマーケット・ストラテジーのアシュラフ・ライディ最高経 営責任者(CEO)は電子メールで、「きょう発表された雇用統計は期 待外れで、時期尚早な利上げへの懸念を和らげるのに十分な内容だっ た」と分析。その上で、「3カ月に及ぶユーロに対するドルの上昇トレ ンドはなお維持されている」と続けた。

ライディ氏は「ドル買い・スイスフラン売り」、また「ドル買い・ ユーロ売り」を推奨。ドル・ユーロ相場では、ユーロが1.3230ドルまで 下げると見込んでいる。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%低下 の1020.69。一時は0.2%高となる場面もあった。水準としては一 時1023.42と、3月20日以来の高水準を付けた。週間では0.7%高と、3 週連続高となった。

ドルは対ユーロではこの日0.3%下げて1ユーロ=1.3427ドル。週 初からの上げを消した。ドルは対円で0.2%安の1ドル=102円61銭。前 日までは10営業日続伸と、2001年以降で最長の連続高となっていた。ユ ーロは対円で0.1%高の1ユーロ=137円78銭。フランは0.3%高の1ド ル=0.9059フラン。

新興国通貨

新興国通貨ではインドネシア・ルピアが1.9%安と最大の下げ。イ ンド・ルピーも下げた。

主要新興国・地域の20通貨で構成されるブルームバーグの指数 は0.2%安の91.4816。これは3月26日以来の低水準。

アルゼンチン・ペソは13営業日続落。アルゼンチン政府は7月30 日、5億3900万ドルの利払いを履行しなかった。

ペソは公式レートで0.3%安の1ドル=8.2357ペソ。13営業日続落 は、1月14日までの43営業日続落以降で最長の連続安。

マークイット・エコノミクスが発表した7月の英製造業購買担当者 指数(PMI)は55.4と、前月の57.2(修正値)から低下し、1年ぶり 低水準だった。アナリスト予想は57.2だった。

ポンドは0.4%安の1ポンド=1.6821ドル。一時1.6814ドルと、6 月12日以来の安値を付けた。

米雇用統計

米労働省が発表した7月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数 (事業所調査、季節調整済み)は前月比20万9000人増加した。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は23万人増だっ た。前月は29万8000人増(速報28万8000人増)に上方修正された。

家計調査に基づく7月の失業率は6.2%と、前月の6.1%から上昇し た。

労働参加率は62.9%(前月62.8%)に上昇した。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)のシニア為 替ストラテジスト、マイケル・ウールフォーク氏(ニューヨーク在勤) は「市場は予想を下回ったヘッドラインの数字に反応しているが、当社 は前月の上方修正や、労働参加率の改善を好感している」と指摘。「今 週はこの夏の市場のトーンを決定付けた」とし、投資家は「ドル買い・ ユーロ売り」や「ドル買い・円売り」に目を向けるだろうと続けた。

原題:Dollar Drops From Four-Month High on Jobs Miss; Pound Declines(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE