欧州マーケットサマリー:株が3カ月ぶり安値、伊国債下落

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3431   1.3390
ドル/円            102.45   102.80
ユーロ/円          137.59   137.65


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  331.91     -4.08    -1.2%
英FT100     6,679.18   -50.93     -.8%
独DAX      9,210.08   -197.40   -2.1%
仏CAC40    4,202.78   -43.36    -1.0%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .02%        -.01
独国債10年物     1.13%       -.02
英国債10年物     2.55%       -.05


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,291.25    +6.00     +.46%
原油 北海ブレント        105.07      -.95     -.90%

◎欧州株:約3カ月ぶり安値-アルセロールやバンシが安い

1日の欧州株式市場では指標のストックス欧州600指数が約3カ月 ぶりの安値となった。アルセロール・ミタルやバンシの利益が予想を下 回ったことが売り材料となった。

鉄鋼メーカーのアルセロールは2012年10月以降で最もきつい値下が り。同社は通期利益見通しも下方修正した。フランスの建設会社バンシ は約3年ぶりの大幅下落。仏通信会社イリアッドは7%値下がり。米携 帯電話会社TモバイルUSの過半数株を150億ドルで買い取る提案が嫌 気された。

ストックス欧州600指数は前日比1.2%安の331.91で終了。予想を下 回った米雇用統計を受けて米当局が低金利政策を長期維持するとの楽観 が高まり、一時は1.5%安だった下げ幅を縮小した。ブルームバーグが まとめたデータによれば、指数の株価収益率(PER、予想収益ベー ス)は15倍と、先月付けた4年半ぶり高水準となる15.7倍に近い。

オフィ・ジェスチョン・プリべ(パリ)の運用担当者ジャック・ポ ルタ氏は、「欧州では為替が企業に非常にマイナスの影響を及ぼして経 済が脆弱(ぜいじゃく)なほか、バリュエーション(株価評価)も魅力 的ではない」と述べ、「これでは株式を購入する気分になれない。発表 された企業業績は悪く、センチメントも弱気になった」と続けた。

1日の西欧市場では17カ国中16カ国で主要株価指数が下落。英 FTSE100指数は0.8%、仏CAC40指数は1%それぞれ下げた。独 DAX指数は2.1%安となった。スイス市場は祝日のため休場だった。

米労働省が発表した7月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数 (事業所調査、季節調整済み)は前月比20万9000人増加した。エコノミ スト予想中央値は23万人増だった。前月は29万8000人増。失業率 は6.2%に上昇した。

原題:European Stocks Slide to Three-Month Low as ArcelorMittal Falls(抜粋)

◎欧州債:イタリア債下落、製造業指標で-スペイン債も下げる

1日の欧州債市場でイタリア国債が下落。週間ベースでは、先月11 日終了週以降初めて下げた。株安に加え、製造業指標がエコノミスト予 想を下回り、高利回り資産の需要が後退した。

スペイン国債も売られた。アルゼンチンの利払い不履行などを背景 に世界的な株安となった。ポルトガル国債も下落。同国のエスピリト・ サント銀行株が6営業日続落となった。この日発表された7月の製造業 購買担当者指数(PMI)によれば、イタリアとスペインで製造業活動 が鈍化。ユーロ圏全体の製造業PMIは速報値から下方修正された。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ス タメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「総じて市場はリスクオフの 状態で、これがスペインやイタリアなどの周辺国債に影響を及ぼしてい る」と述べ、「アルゼンチンのデフォルトや予想を下回った指標に加え て、企業業績や地政学的見通し、ポルトガル銀行業界をめぐる懸念」が 相場下落の理由だと指摘した。

ロンドン時間午後5時現在、イタリア10年債利回りは前日比6ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.76%。前週末比では5 bp上げた。同国債(表面利率3.75%、2024年9月償還)価格はこの 日、0.58下げ108.835となった。

同年限のスペイン国債利回りも6bp上げて2.56%。前週末 は2.54%だった。7月30日には2.451%まで下げ、ブルームバーグがデ ータ集計を開始した1993年以降の最低を付けた。ポルトガル10年債利回 りは前日比9bp上昇し3.70%。

マークイット・エコノミクスとADACIが発表した7月のイタリ ア製造業PMIは51.9と、前月の52.6を下回り昨年11月以来の低水準と なった。エコノミストの予想中央値は52.5。ユーロ圏製造業PMI改定 値は51.8と、速報値の51.9から下方修正された。

ドイツ10年債利回りは2bp低下の1.13%。一時は4bp上昇し た。先月29日には過去最低の1.109%に達した。

原題:Italian Bonds Fall With Spain’s as Data Miss Estimates (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE