香港株:ハンセン指数、9日ぶり反落-世界的な株安で

香港株式相場は下落。ハンセン指数 は9営業日ぶりに反落した。世界の株式相場を示す指標は7月31日、こ の半年で最大の下げを記録した。

ハンセン指数は前日比0.9%安の24532.43と、7月9日以来の大き な下落率となった。ハンセン中国企業株(H株)指数は1.3%安 の10982.65。

アンプル・キャピタルの資産運用ディレクター、アレックス・ウォ ン氏(香港在勤)は、「株価が非常に高い水準にあったことが、下落局 面になると雪だるま効果を引き起こした」と指摘。「市場参加者は今、 慎重かつ神経質になっている」と述べた。

不動産開発の中国海外宏洋集団(81 HK)は8.6%安。シティグルー プが同銘柄の投資判断を引き下げた。数碼通電訊集団(スマートーン・ テレコミュニケーションズ・ホールディングス、315 HK)は2%安。通 期の純利益が最大40%減少したもようだと発表した。

資産家の李嘉誠氏が率いる不動産開発会社チョンコン・ホールディ ングス(長江実業集団、1 HK)は4.7%安。1-6月(上期)の一部項 目を除く利益が予想に届かなかった。

原題:Hong Kong Stocks Drop First Time in Nine Days on Global Selloff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE