ヘッジファンドの英マン:1-6月運用資産、7%増の577億ドル

上場ヘッジファンド運用会社として 世界最大手の英マン・グループは1日、運用資産が1-6月(上期)に 7%増えたと発表した。GLGパートナーズ部門での増加が寄与したも ので、アナリスト予想とほぼ一致した。

発表資料によると、投資ファンド販売は124億ドルと、償還分の96 億ドルを上回った。運用資産額は577億ドル(約5兆9400億円)と、昨 年末の541億ドルから増加。RBCキャピタル・マーケッツのアナリス ト、ピーター・レナルドス氏は574億ドルへの増加を見込んでいた。

マンではエマニュエル・ローマン最高経営責任者(CEO)の下で のコスト削減に加え、同社最大のヘッジファンド「AHLダイバーシフ ァイド」の成績が3年に及んだマイナスから今年これまではプラ ス12.5%に改善したことが追い風となった。また、欧州の景気鈍化がリ ターンに影響するとの投資家の懸念が薄れ、GLGが運用するファンド への資金流入が過去1年に見られた。

発表によると、1-6月の調整後税引き前利益は前年同期比10%増 の1億4800万ドルとなった。

原題:Man Group Assets Under Management Increase 7% to $57.7 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE