Tモバイル買収提案の仏富豪、孫氏に対抗-ソフトバンク有利か

セックスチャットサービスのオーナ ーからフランス有数の富豪に登り詰めるまで、グザビエ・ニール氏は何 度か思い切った賭けをしてきた。米携帯電話会社TモバイルUSの過半 数株式を現金150億ドル(約1兆5400億円)で取得しようとする最新の 試みは、これまでで最も大胆な賭けだ。

ニール氏率いる仏通信会社イリアッドは7月31日、Tモバイルの株 式約57%を1株33ドルで取得する案を提示したと発表。Tモバイルはイ リアッドの5倍の規模の企業だ。これによりニール氏は、1株約40ドル での買収を計画しているとされるソフトバンクの孫正義社長に対抗する ことになる。ソフトバンクはTモバイル買収を目指している米スプリン トの親会社。

米電話市場の改革を狙うニール氏の挑戦は、母国フランスでの成功 を反映している。イリアッドは低料金パッケージを提供することでフラ ンス携帯電話市場に揺さぶりをかけ、既存の通信会社と2年にわたり料 金争いを繰り広げた。さらにニール氏は、米衛星テレビ会社ディッシ ュ・ネットワークのチャーリー・アーゲン会長とも対抗することになる 可能性がある。同会長は孫氏の買収案が頓挫した場合、Tモバイル買収 を検討する意向を示しているからだ。

インテルディン・ボルサ(マドリード)の通信アナリスト、ボル ハ・ミハンゴス氏はイリアッドの買収案について、「少しクレージーな 動きだ」と指摘。「ソフトバンクはすでに米国で経験があるため、イリ アッドに対し有利な立場にあるはずだ」と述べた。

イリアッドの1株33ドルの買収案は、準備が進められているスプリ ント案を下回るものの、同社には切り札がある。それは、同社がTモバ イルを買収すれば米国市場での通信会社の数は変わらず、現状を維持で きるということだ。

イリアッドの広報担当、イザベル・オダップ氏に電話と電子メール でコメントを求めたが、これまで回答は得られていない。スプリントの 広報担当、ロニ・シングルトン氏はコメントを控えた。

原題:Iliad Maverick Niel Disrupts U.S. Market With T-Mobile Wager(抜粋)

--取材協力:Manuel Baigorri.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE