世界の株式相場は7月に反落、5カ月続伸後-企業業績に懸念

世界株式相場の指標は7月31日、こ の半年で最大の下げを記録した。ダウ工業株30種平均も300ドル超下げ て年初からの上げを失った。失望的な企業業績発表が相次ぎ、信用市場 をめぐる懸念が強まるなか、世界の株式は月間ベースで5カ月続伸の 後、7月は反落した。米原油相場は下落。ドルは主要通貨に対し上昇し た。

MSCIオールカントリー世界指数は1.5%低下と、2月以来の大 幅下落となった。日本や韓国の株価指数先物は株式の売却が続く可能性 があることを示した。S&P500種株価指数先物は日本時間1日午前7 時27分現在、0.1%高。同指数は前日2%安と、4月10日以来の大幅な 下げとなった。ドルは対円で2001年以来の長期の上げとなった後、1ド ル=102円81銭。米国の原油は0.4%安。7月の商品相場は月間ベースで 約2年ぶりの大幅下落となった。

原題:Global Rout Halts Stock Streak as Oil Sinks While Dollar Climbs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE