スカイマーク株が下げ止まらず、事業継続に「重要な疑義」

国内3位の航空会社、スカイマーク の株価が5日続落し、2009年以来の安値となった。前日公表した決算短 信で、4-6月期の赤字や、エアバス機の契約解除に伴う違約金を負担 する可能性があることを理由に、継続企業の前提に「重要な疑義」があ ると明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。