アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン指数は9営業日ぶりに反落した。世 界の株式相場を示す指標は7月31日、この半年で最大の下げを記録し た。

ハンセン指数は前日比0.9%安の24532.43と、7月9日以来の大き な下落率となった。ハンセン中国企業株(H株)指数は1.3%安 の10982.65。

アンプル・キャピタルの資産運用ディレクター、アレックス・ウォ ン氏(香港在勤)は、「株価が非常に高い水準にあったことが、下落局 面になると雪だるま効果を引き起こした」と指摘。「市場参加者は今、 慎重かつ神経質になっている」と述べた。

不動産開発の中国海外宏洋集団(81 HK)は8.6%安。シティグルー プが同銘柄の投資判断を引き下げた。数碼通電訊集団(スマートーン・ テレコミュニケーションズ・ホールディングス、315 HK)は2%安。通 期の純利益が最大40%減少したもようだと発表した。

資産家の李嘉誠氏が率いる不動産開発会社チョンコン・ホールディ ングス(長江実業集団、1 HK)は4.7%安。1-6月(上期)の一部項 目を除く利益が予想に届かなかった。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数が3週間ぶりの大幅安となっ た。中国製造業指標の改善より、世界的な株安の影響の方が大きかっ た。

国金証券(600109 CH)は3.7%安。前日は3月11日以来の高値を付 けていた。紫金鉱業(601899 CH)を中心に産金株は下落。今週の金相 場は3週連続の下げとなりそうだ。一方、広州白雲山医薬集団(600332 CH)は7.4%高。当局の承認を得られれば「バイアクラ」のような製品 の生産を開始する方針を示した。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は前 日比0.7%安の2185.30で終了。週間ベースでは2.8%上昇となった。上 海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は前日比0.9%安 の2329.40。

中国国家統計局と中国物流購買連合会が1日発表した7月の製造業 購買担当者指数(PMI)は51.7と、6月の51.0から上昇するととも に、ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想中央値(51.4)も上 回った。

ABNアムロ・プライベート・バンキングのアジア株調査責任者、 ダフニ・ロス氏は「PMIは成長が底入れしたとの見方を裏付けた」と 指摘。「しかし、中国はA株でさえ世界の他の地域からデカップリング できず、センチメントに動かされ」、地政学的リスクの影響を受けるだ ろうと述べた。

【インド株式市況】

インド株式市場では指標のS&Pセンセックス指数が約3週間ぶり の大幅安となった。週間ベースでは3週間ぶりに下落。世界的な株安の 中、利益見通しに照らしこれまでの相場上昇は行き過ぎとの懸念が強ま った。

ソフトウエアメーカーのテック・マヒンドラと、時計・宝飾品メー カーのチタンが下げた。いずれも純利益が予想を下回ったことが嫌気さ れた。電力会社NTPCは2カ月ぶりの安値を付け、エンジニアリング 会社ラーセン・アンド・トゥブロは5日続落となった。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比414.13ポイント (1.6%)安の25480.84で終了。前週末比では2.5%下落。7月の月間ベ ースは2007年1月以降で最長の6カ月続伸となっていた。

センセックス指数は年初来では20%上げ、構成銘柄の株価収益率 (PER、予想収益ベース)は15.1倍。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比76.54ポイント(1.4%)安 の5556.37。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比3.02ポイント(0.2%)安の2073.10。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比49.34ポイント(0.5%)安の9266.51。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE