金値決め操作に「ぞっとした」-産金会社の会長、重要性強調

英産金会社ペトロパブロフスクのピ ーター・ハンブロ会長は、ロンドンでの金の値決めの操作について、値 決めの産金業界にとっての重要性を考えて「ぞっとした」と述べた。

ハンブロ会長は22日のインタビューで「値決めについて関係者が行 っていた行為について報じた記事を読んでぞっとした。値決めによって 設定される価格は産金業界にとって非常に重要だ。金を出荷する際に利 用しており、それに基づいて価格を決定している」と語った。

トレーダーが2012年に金の値決めに影響を及ぼそうとしたとして、 英バークレイズは今年、4400万ドル(約44億6700万円)の制裁金を科さ れた。ロンドンで約100間続く金の値決めは複数の銀行が参加して実施 している。値決めプロセスを管理しているロンドン・ゴールド・マーケ ット・フィキシングはプロセスの改革を目指している。

原題:Hambro ‘Horrified’ by Tampering of ‘Vitally Important’ Gold-Fix(抜粋)

--取材協力:Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE