, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

カジノ法案:18日に衆院で審議入り-議連は臨時国会で成立狙う

衆院内閣委員会は17日の理事懇談会 で、カジノを含めた特定複合観光施設(IR)の整備を推進するための 法案について18日に提案理由説明と質疑を行うことを決めた。

柴山昌彦委員長が理事懇終了後、記者団に明らかにした。今国会 は22日に会期末を迎えるため、法案を国会提出した議員連盟幹部は、通 常は秋に召集される臨時国会での成立を狙っている。

同法案は国際観光産業振興議員連盟(IR議連、通称:カジノ議 連)の細田博之会長(自民党幹事長代行)ら自民、日本維新の会、生活 の党などの議員が昨年12月に国会提出したが、衆院内閣委は政府提出法 案などを優先したため、審議入りが遅れていた。

柴山氏によると、18日は午前9時から細田議連会長による提案理由 説明を行った後、各会派による質疑を同10時50分頃まで実施する。民主 党は国家公安委員長の質疑への常時出席や地方公聴会などの開催を審議 入りの条件として提示し、自民党も基本的に了解した。

細田議連会長は、法案審議入りが決まったことについて「臨時国会 冒頭で衆院をまず通して参院で必ず成立させたい」と表明。議連幹事長 の岩屋毅自民党衆院議員も「この国会での成立は困難だが、次期国会で の成立に大きく一歩を踏み出した」と語った。両氏は国会内でブルーム バーグ・ニュースの取材に語った。

カジノ法案審議入りの一報を受け、カジノ関連銘柄が上昇。日本金 銭機械は前日終値比8.4%高の1944円、オーイズミは8%高の1049円、 コナミは同2.1%高の2300円となった。コナミは日本でのカジノ施設へ の投資を目的とした会社設立計画を5月に発表。日本金銭機械は貨幣処 理機、オーイズミはパチスロなどを製造している。

成長戦略

政府は16日に公表した成長戦略の素案でIRについて言及。「観光 振興、地域振興、産業振興等に資することが期待されるが、その前提と なる犯罪防止・治安維持、青少年の健全育成、依存症防止等の観点から 問題を生じさせないための制度上の措置の検討も必要なこと」から、 「関係省庁において検討を進める」とした。

議連の岩屋氏は17日の取材で、「成長戦略に盛り込まれたことで、 いよいよ大きく議論が高まっていくことが期待される。早く推進法案を 成立させる必要がいよいよ出てきた」と述べた。

甘利明経済再生相は16日夜の記者会見で、カジノ法案について「提 出議員の背景からすると採決されれば賛成者の方が多いのではないか」 と指摘。今後の検討にあたってはIRへの懸念払しょくが大事だとした 上で、「健全娯楽、観光スポットとして広げていくためのノウハウは世 界中にあると思う。それらも含めていろいろと議論してもらいたい」と 語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE