コンテンツにスキップする

UBSをベルギー当局が調査-マネーロンダリングなどの疑いで

スイスの銀行最大手、UBSはベル ギー当局からマネーロンダリング(資金洗浄)と組織犯罪の疑いについ て調査を受けている。

ブリュッセルの検察当局の報道官が30日電話で語ったところでは、 ミシェル・クレーズ判事が調査を主導している。

ベルギーの週刊誌「M...ベルジック」によると、UBSの従業員 は企業の最高経営責任者(CEO)などの裕福な市民やスポーツマン に10年余りにわたって接触し、未申告の口座をスイス国内に開設するよ う仕向けたという。情報源は明示していない。UBSのベルギー部門は 多額の資金をスイスに移す計画に協力していたと同誌は伝えた。同誌に よれば、調査は昨年末に始まった。

UBSはブルームバーグ・ニュースに送付した資料で「UBSは顧 客の納税義務回避を手助けすることを意図したいかなる活動も容認しな い」と指摘。ベルギーでの営業に関する「いかなる予備的調査」も承知 していないと説明した。

欧州の複数の銀行は指標金利の操作や顧客の脱税ほう助などの疑い で一連の調査の対象となっている。

原題:UBS Probed in Belgium Over Money Laundering, Organized Crime(抜粋)

--取材協力:Jeffrey Vögeli、Paul Verschuur、John Martens.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE