コンテンツにスキップする

5月30日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ボラティリティが7年ぶり低水準-中銀政策で

ニューヨーク外国為替市場では相場のボラティリティ(変動性)が ほぼ7年ぶりの低水準となった。各国中央銀行による刺激策やフォワー ドガイダンスが相場の変動を抑制している。

日本の消費者物価指数がここ20年余りで最大の伸びとなり、日本銀 行が追加刺激策を実施するとの見方が後退したことから、円はアジア時 間に特に堅調に推移した。南アフリカ・ランドは下落。同国の貿易赤字 が4月に拡大したことが手掛かり。ブラジル・レアルは3週ぶり安値に 下落。経済成長ペースの鈍化が嫌気された。

コメルツ銀行のシニア通貨ストラテジスト、ピーター・キンセラ氏 (ロンドン在勤)は「中銀のフォワードガイダンス政策が金利期待を抑 えている」と指摘。「極めて変動の少ない相場に次第になっていくだろ う。今のところこの状況を揺るがすような材料は出てこないと思われ る」と述べた。

ニューヨーク午後5時1分現在、主要7カ国(G7)通貨のボラテ ィリティを示すJPモルガン・チェースのG7ボラティリティ指数 は5.93%と、2007年6月以来の水準に低下した。世界の通貨のボラティ リティを示すJPモルガンの別の指数も、07年以来の低水準を付けた。

円は対ドルでほぼ変わらずの1ドル=101円77銭。今月は0.5%上 昇。ユーロは対ドルでこの日0.2%上げて1ユーロ=1.3635ドル。月間 では1.7%安となった。ユーロは対円でこの日0.2%高の1ユーロ=138 円74銭。月間では2.1%安。

日本の消費者物価指数と日銀政策

日本の4月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除いたコアCPI) は前年比で3.2%上昇し、1991年以来の伸びとなった。プラス幅はブル ームバーグ・ニュース がまとめた予想中央値(3.1%上昇)を上回っ た。3月は1.3%上昇。日本では4月1日に消費税率が5%から8%に 上がった。

日銀は6月に次回政策決定会合を開く。今月21日の会合では政策方 針の現状維持を全員一致で決めた。

みずほ銀行のストラテジスト、シレーン・ハラーリ氏(ニューヨー ク在勤)は「日銀の今後の行動については分からないところがある。日 銀としては現行政策は機能しており、追加緩和は考えられていたほど差 し迫ってはいないかもしれない」と分析。「傾向としては対ドルでの円 上昇だ」と述べた。

シカゴ製造業景況指数

この日発表された5月のシカゴ地区製造業景況指数は市場の予想外 に上昇し、7カ月ぶり高水準となった。これに反応し、ドルは対円での 下げを埋めた。同指数(季節調整済み)は65.5と、前月の63から上昇し た。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は61への低下だった。同指数は50が製造業活動の拡大と縮小の境目を示 す。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)のグローバ ルマーケッツストラテジスト、マイケル・ウールフォーク氏(ニューヨ ーク在勤)は、同指数発表後の取材で、「対円でのドル相場はここ数分 間に急な上げを見せた」とし、「シカゴ製造業景況指数は明るい内容 で、対円でのドル上昇という点で見れば、この前向きな指標が支えたと いえる」と続けた。

南ア・ランドは1.5%安の1ドル=10.5723ランド。下落率は2月19 日以降で最大だった。

レアルは0.8%下げて1ドル=2.2415レアル。終値としては5日以 来の安値となった。

原題:Currency Volatility Slows to 7-Year Low on Central Bank Stance(抜粋)

◎米国株:S&P500とダウが最高値、生活必需品株が高い

30日の米国株相場は上昇。主な株価指数は最高値を更新した。公益 事業株や生活必需品株が買いを集めた。この日発表された経済統計から は、景気回復が平たんではないことが示された。

小売り最大手ウォルマート・ストアーズを中心に、業績が景気の変 動にあまり左右されない銘柄が値上がりした。USスチールは下落。こ の日は商品関連株が売られた。

S&P500種株価指数は前日比0.2%高の1923.57。ダウ工業株30種 平均は18.43ドル(0.1%)上げて16717.17ドルと、13日に付けたこれま での最高値を上回った。

パイオニア・インベストメンツの投資ストラテジスト、サム・ウォ ードウェル氏は電話インタビューで、「年内の相場見通しは引き続き建 設的だ」と述べ、「相場の方向性について確信がないのではなく、どの ようなルートでそこにたどり着くのか分からないだけだ」と続けた。

ボラティリティ指数

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数( VIX)はこの日、1.5%下げて11.40。ブルームバーグがまとめたデー タによると、同指数が12を下回ったのは5日連続、2007年2月以来の最 長となった。

6億ドル以上の資産を運用するヘニオン・アンド・ウォルシュ・ア セット・マネジメント(ニュージャージー州)のケビン・マーン社長は 「ボラティリティーはなく、投資家はさらに投資するべきか、資金を引 き揚げるべきかを見極めるため、次の材料を待っている」と述べた。

S&P500種産業別10指数のうち8指数が上昇。ウォルマートは 1%上昇した。原油と銅相場の下落を背景に商品関連株が下落。USス チールは4.6%下げた。

小型株やインターネット株に始まった売りは広範な銘柄に拡大し、 S&P500種は4月に2カ月ぶりの低水準をつけた。それ以来、同指数 は5.9%値を戻している。5月は月間ベースで2.1%高と、4カ月連続の プラス、年初来では4.1%の上昇となっている。

米個人消費支出、消費者マインド指数

この日発表された4月の個人消費支出は予想外に減少。前月はほぼ 5年ぶりの大幅な伸びを示した。4月の所得は伸びが減速した。5月の 米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は 前月から低下、予想を下回った。

一方、5月のシカゴ地区製造業景況指数(季節調整済み)は65.5 と、前月の63から上昇した。同指数は50が製造業活動の拡大と縮小の境 目を示す。これで13カ月連続で拡大を示した。

金融政策当局者は4月の会合後に発表した声明で「経済活動は今冬 に悪天候の影響もあり急減速していたが、このところ上向いてきたこと が示唆された」と指摘した。金融当局による刺激策の影響で、S& P500種は2009年3月につけた弱気相場での安値から184%値を戻した。

衣料品小売りのエクスプレスは7.5%安。同社が示した今年の1株 当たり利益見通しは74-90セントと、従来予想の最大1.23ドルから下方 修正された。同社の第1四半期利益は1株当たり6セントに減少、予想 を下回った。

原題:S&P 500 Extends Record Amid Consumer Spending, Confidence Data(抜粋)

◎米国債:月間では1月以来の大幅高、米成長ペースに失望

米国債相場は月間ベースで1月以来の大幅上昇となった。米経済が 想定していたほど伸びていない兆候が見られる中、借り入れコスト上昇 を見込むポジションの解消が進んだ。

10年債はこの日、もみ合いだった。5月のシカゴ地区製造業景況指 数が市場の予想外に上昇した一方、4月の米個人消費支出は減少した。 成長が加速するとの観測を基に米国債の下落を見込んで、いわゆるショ ートポジションを建てていた投資家は、強弱まちまちの経済指標に失望 している。主要中央銀行はインフレを誘発することなく緩和策を続ける ことが可能との確証が強まっており、ソブリン債相場は世界的に急上昇 した。

RWプレスプリッチの政府債取引担当マネジングディレクター、ラ リー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は「世界の主要中央銀行の 緩和という問題が米国債利回りの低下を引き起こしている」と指摘。 「米国債は多くの高格付け債よりも、相対的価値ベースで依然魅力的に 見える。こうした高格付け債は低い利回りにも関わらず、大きく買われ てきた。マーケットのショートポジションも動きを増幅させた」と述べ た。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比1ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)上昇の2.48%。一時は2.45%に低下する場面もあった。前 日は一時2.40%と、昨年6月21日以来の低水準をつけた。月間ベースで は17bp低下。同年債(表面利率2.5%、償還2024年5月)価格はこの 日3/32下げて100 6/32。

30年債利回りはほぼ変わらずの3.33%。月間では13bp低下と、1 月以来の大幅な下げ。

「インフレ期待は低下」

ブルームバーグ米国債指数の5月のリターンは前日までの時点 で1.1%。年初来では3.5%となっている。

スミス・アンド・ウィリアムソン・インベストメント・マネジメン トの債券担当ディレクター、ロビン・マーシャル氏(ロンドン在勤)は 「インフレの懸念が後退しているため、米国債は上昇している」と指 摘。「成長は一部で期待されていたペースでは加速しないほか、市場の インフレ期待は低下した。投資家は金利上昇を見込むポジションを巻き 戻している」と述べた。

5月のシカゴ地区製造業景況指数(季節調整済み)は65.5と、前月 の63から上昇した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト 予想の中央値は61への低下だった。同指数は50が製造業活動の拡大と縮 小の境目を示す。

米商務省が発表した4月の個人消費支出(PCE)は前月比0.1% 減少。マイナスとなったのは1年ぶり。ブルームバーグがまとめたエコ ノミスト予想の中央値は0.2%増だった。前月は1%増(速報値0.9% 増)に上方修正された。これは2009年8月以来で最高だった。

米連邦公開市場委員会(FOMC)がインフレ指標として注目する PCEデフレーターは前年同月比1.6%上昇と、同委員会が目標とする 2%を24カ月連続で下回った。

ショートポジション

JPモルガン・チェースの最新の週間顧客調査によると、米国債投 資家の35%がショートポジションを持っていた。これは1年ぶりの高水 準。調査は毎週月曜日に更新される。

ブルームバーグが金融機関を対象に実施した最新調査によれば、10 年債利回りの年末予想は3.24%。1月時点では3.43%だった。

三菱UFJ証券USAのシニア米国債トレーダー、トーマス・ロス 氏(ニューヨーク在勤)は「ファンダメンタルズ以外の理由で相場は上 昇してきた」と指摘。「ここまでの水準と、そこにどうやって至ったか を考慮すれば、きょうの下げは驚きではない」と述べた。

原題:Treasuries Advance Most Since January as U.S. Growth Disappoints(抜粋)

◎NY金:続落、週間ベースは8カ月ぶり大幅安-株価上昇で

ニューヨーク金先物相場は続落。週間ベースでは昨年9月以来の大 幅な下げとなった。米株式相場の上昇やウクライナでの緊張緩和の兆し を背景に、金に逃避する動きが後退した。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘ ッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「米経済 の成長減速に関する不安が徐々に受け流される中、安全逃避のプレミア ムは低下している」と指摘。「マネーは引き続き株式に流れている」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.9%安の1オンス=1246ドルで終了。一時は1242.20ドル と、中心限月としては2月3日以来の安値をつけた。週間では3.6%安 となり、昨年9月13日終了週以来の大幅下落。

原題:Gold Posts Biggest Weekly Slump in Eight Months on Equity Rally(抜粋)

◎NY原油:反落、週間でも下落-米経済データを嫌気

ニューヨーク原油先物相場は反落。週間でも下げた。米個人消費支 出の減少を嫌気したほか、米国の原油在庫の増加が影響した。ロシアが ウクライナ国境から部隊の大半を引き揚げたことを受け、北海ブレント も下落。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニア市場アナ リスト、フィル・フリン氏は「経済データを見る限り、需要がこの先強 くなるとの期待は持てない」と指摘。「供給はかなり潤沢だ。ロシアの 部隊撤退でリスクプレミアムは少し縮小した」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・イ ンターミディエート(WTI)7月限は前日比87セント(0.84%)安の 1バレル=102.71ドルで終了。週間では1.6%の値下がり。

原題:WTI Crude Caps Weekly Loss on Consumer Spending; Brent Falls(抜粋)

◎欧州株:ほぼ変わらず、米経済指標に注目-週間では7週続伸

30日の欧州株式相場は前日からほぼ変わらず。米経済指標で製造業 活動を示す指数が予想を上回った一方、消費者信頼感は予想に届かなか った。指標のストックス欧州600指数は週間ベースでは7週続伸となっ た。

フランスの銀行ソシエテ・ジェネラルは2.2%安。ロシア部門が第 1四半期に減益となったと仏紙レゼコーが報じたことが売り材料。仏銀 BNPパリバは2.4%安。事情に詳しい関係者によれば、同行による制 裁対象国との違法取引に対する捜査の決着で、米当局は100億ドル強の 支払いをパリバに求めている。鉱山会社のリオ・ティントとBHPビリ トンも値下がりした。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%安の344.24で終了。前週末比 では0.7%上昇。月初来の上昇率は1.9%となった。欧州中央銀行 (ECB)のドラギ総裁が、必要ならば6月に緩和拡大を辞さない方針 を示したことが背景にある。

ハーグリーブズ・ランズダウン(ロンドン)の株式部門責任者、リ チャード・ハンター氏は「限られたデータで商いが薄かったものの、世 界の株式相場にとって総じてポジティブな週だった」と指摘。「投資家 らは直接的な起爆剤となり得る新たな材料を探しているが、その間にも 改善しつつある米経済や、特にECBが来週に追加刺激策を講じるとの 期待が状況をやや明るくしている」と語った。

5月の米シカゴ地区製造業景況指数は65.5と、前月の63から上昇し た。エコノミスト予想の中央値は61だった。同指数は50が製造業活動の 拡大と縮小の境目を示す。5月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学 消費者マインド指数(確定値)は81.9と、前月の84.1から低下。エコノ ミスト予想中央値は82.5。速報値は81.8だった。

30日の西欧市場では17カ国中8カ国で主要株価指数が下落。仏 CAC40指数は0.2%、英FTSE100指数は0.4%それぞれ下げた。デ ンマーク市場は祝日のため休場。

原題:European Stocks Are Little Changed, Posting Seventh Weekly Gain(抜粋)

◎欧州債:高格付け国の長期債が下落-ECB会合を来週に控え

30日の欧州債市場では高格付け国の長期債を中心に下落。このとこ ろの同政府債の相場上昇を背景に域内全体の国債利回りが過去最低を付 けていた。

オーストリアとベルギー、フランスの国債が値下がり。前日下落し たドイツ国債はほぼ変わらずとなった。今週はアイルランドからスペイ ンに至る国の国債利回りがこれまでの最低を記録した。欧州中央銀行( ECB)が来週の政策決定会合で政策金利を引き下げるとともに、流動 性供給や資産担保証券(ABS)購入など追加刺激策を打ち出す可能性 があるとの観測が広がった。

ダンスケ銀行のアナリスト、オーウェン・カラン氏(ダブリン在 勤)は「上昇した分の一部を元に戻したに過ぎない」と述べ、「ECB が何か大きな措置を講じるとの見方が広く受け入れられている。長期債 が売りを浴びる確率が大きいことから、ボラティリティが高まってい る」と続けた。

ロンドン時間午後4時24分現在、フランス10年債利回りは前日比2 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.76%。同国債(表 面利率2.25%、2024年5月償還)価格は0.17下げ104.445。2年債利回 りはほぼ変わらずの0.19%。

ドイツ10年債利回りは1.35%で、ほぼ横ばい。前日は2bp上昇し た。月間ベースでは11bp下げている。同年限のベルギー国債利回りは 1bp上昇し1.89%、オーストリア国債利回りは2bp上げて1.55%。

物価を押し上げる措置を講じることに政策委員会は「やぶさかでな い」とドラギ総裁が発言した8日以来、域内の国債は上げ局面にある。 ECBは政策決定会合を6月5日に開催する。

原題:European Bonds Decline After Rally Pushed Yields to Record Lows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE