米国株(30日):S&P500とダウが最高値、生活必需品が高い

30日の米国株相場は上昇。主な株価 指数は最高値を更新した。公益事業株や生活必需品株が買いを集めた。 この日発表された経済統計からは、景気回復が平たんではないことが示 された。

小売り最大手ウォルマート・ストアーズを中心に、業績が景気の変 動にあまり左右されない銘柄が値上がりした。USスチールは下落。こ の日は商品関連株が売られた。

S&P500種株価指数は前日比0.2%高の1923.57。ダウ工業株30種 平均は18.43ドル(0.1%)上げて16717.17ドルと、13日に付けたこれま での最高値を上回った。

パイオニア・インベストメンツの投資ストラテジスト、サム・ウォ ードウェル氏は電話インタビューで、「年内の相場見通しは引き続き建 設的だ」と述べ、「相場の方向性について確信がないのではなく、どの ようなルートでそこにたどり着くのか分からないだけだ」と続けた。

ボラティリティ指数

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数( VIX)はこの日、1.5%下げて11.40。ブルームバーグがまとめたデー タによると、同指数が12を下回ったのは5日連続、2007年2月以来の最 長となった。

6億ドル以上の資産を運用するヘニオン・アンド・ウォルシュ・ア セット・マネジメント(ニュージャージー州)のケビン・マーン社長は 「ボラティリティーはなく、投資家はさらに投資するべきか、資金を引 き揚げるべきかを見極めるため、次の材料を待っている」と述べた。

S&P500種産業別10指数のうち8指数が上昇。ウォルマートは 1%上昇した。原油と銅相場の下落を背景に商品関連株が下落。USス チールは4.6%下げた。

小型株やインターネット株に始まった売りは広範な銘柄に拡大し、 S&P500種は4月に2カ月ぶりの低水準をつけた。それ以来、同指数 は5.9%値を戻している。5月は月間ベースで2.1%高と、4カ月連続の プラス、年初来では4.1%の上昇となっている。

米個人消費支出、消費者マインド指数

この日発表された4月の個人消費支出は予想外に減少。前月はほぼ 5年ぶりの大幅な伸びを示した。4月の所得は伸びが減速した。5月の 米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は 前月から低下、予想を下回った。

一方、5月のシカゴ地区製造業景況指数(季節調整済み)は65.5 と、前月の63から上昇した。同指数は50が製造業活動の拡大と縮小の境 目を示す。これで13カ月連続で拡大を示した。

金融政策当局者は4月の会合後に発表した声明で「経済活動は今冬 に悪天候の影響もあり急減速していたが、このところ上向いてきたこと が示唆された」と指摘した。金融当局による刺激策の影響で、S& P500種は2009年3月につけた弱気相場での安値から184%値を戻した。

衣料品小売りのエクスプレスは7.5%安。同社が示した今年の1株 当たり利益見通しは74-90セントと、従来予想の最大1.23ドルから下方 修正された。同社の第1四半期利益は1株当たり6セントに減少、予想 を下回った。

原題:S&P 500 Extends Record Amid Consumer Spending, Confidence Data(抜粋)

--取材協力:Sofia Horta e Costa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE