コンテンツにスキップする

NY金(30日):週間ベースは8カ月ぶり大幅安-株価上昇で

ニューヨーク金先物相場は続落。週 間ベースでは昨年9月以来の大幅な下げとなった。米株式相場の上昇や ウクライナでの緊張緩和の兆しを背景に、金に逃避する動きが後退し た。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘ ッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「米経済 の成長減速に関する不安が徐々に受け流される中、安全逃避のプレミア ムは低下している」と指摘。「マネーは引き続き株式に流れている」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.9%安の1オンス=1246ドルで終了。一時は1242.20ドル と、中心限月としては2月3日以来の安値をつけた。週間では3.6%安 となり、昨年9月13日終了週以来の大幅下落。

原題:Gold Posts Biggest Weekly Slump in Eight Months on Equity Rally(抜粋)

--取材協力:Phoebe Sedgman、Glenys Sim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE