コンテンツにスキップする

欧州債:高格付け国の長期債が下落-ECB会合を来週に控え

30日の欧州債市場では高格付け国の 長期債を中心に下落。このところの同政府債の相場上昇を背景に域内全 体の国債利回りが過去最低を付けていた。

オーストリアとベルギー、フランスの国債が値下がり。前日下落し たドイツ国債はほぼ変わらずとなった。今週はアイルランドからスペイ ンに至る国の国債利回りがこれまでの最低を記録した。欧州中央銀行( ECB)が来週の政策決定会合で政策金利を引き下げるとともに、流動 性供給や資産担保証券(ABS)購入など追加刺激策を打ち出す可能性 があるとの観測が広がった。

ダンスケ銀行のアナリスト、オーウェン・カラン氏(ダブリン在 勤)は「上昇した分の一部を元に戻したに過ぎない」と述べ、「ECB が何か大きな措置を講じるとの見方が広く受け入れられている。長期債 が売りを浴びる確率が大きいことから、ボラティリティが高まってい る」と続けた。

ロンドン時間午後4時24分現在、フランス10年債利回りは前日比2 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.76%。同国債(表 面利率2.25%、2024年5月償還)価格は0.17下げ104.445。2年債利回 りはほぼ変わらずの0.19%。

ドイツ10年債利回りは1.35%で、ほぼ横ばい。前日は2bp上昇し た。月間ベースでは11bp下げている。同年限のベルギー国債利回りは 1bp上昇し1.89%、オーストリア国債利回りは2bp上げて1.55%。

物価を押し上げる措置を講じることに政策委員会は「やぶさかでな い」とドラギ総裁が発言した8日以来、域内の国債は上げ局面にある。 ECBは政策決定会合を6月5日に開催する。

原題:European Bonds Decline After Rally Pushed Yields to Record Lows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE