コンテンツにスキップする

鉄鉱石:最長の6カ月連続で下落か-ゴールドマンの予想通り

鉄鉱石価格は6カ月連続の下落に向 かっており、過去最長の下降局面にある。中国での需要の伸びが鈍化す る一方、オーストラリアとブラジルからの供給が増加しているため世界 の過剰分が膨らんでいる。

スチール・インデックスのデータによると、中国の天津港に荷揚げ される鉄鉱石(鉄分62%)は29日、1ドライトン当たり95.70ドルとな った。今月に入って9.2%下落し、1年8カ月ぶりの安値水準にある。 月間ベースでは昨年12月以降、毎月下落しており、データ集計が始まっ た2008年11月以降で最長。

米ゴールドマン・サックス・グループは昨年11月に、鉄鉱石価格 が14年に大幅に下落するとの見通しを示していた。同社のアナリスト、 クリスチャン・レロング氏(シドニー在勤)は29日、電子メールでブル ームバーグの質問に答え、「需要の鈍化は明らかだが、何年間もの過剰 投資を受けて供給の伸びが極めて高い」と指摘した。

原題:Iron Ore Heads for Record Losing Streak as Goldman Eyes Supply(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE