香港・中国株:ハンセン指数、月間で昨年9月以来の大幅高

香港株式市場ではハンセン指数が上 昇。月間でも昨年9月以来の大幅な値上がり率となった。中国で刺激策 が導入され、景気減速が和らぐとの観測が広がった。中国本土市場でも 上海総合指数が月間ベースでプラスで引けた。

ハンセン指数は前日比71.51ポイント(0.3%)高の23081.65。5月 の上昇率は4.3%。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.6%高 の10249.69。月間では4.8%上げた。

人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上海総合指数は前 日比1.38ポイント(0.1%)安の2039.21。月間上昇率は0.6%となっ た。上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は前日 比0.1%高の2156.46。

KGIアジアのディレクター、ベン・クウォン氏は「中国が景気を 支えるために小規模な刺激策を追加で講じるとの期待が、このところ新 たに広がっている」と説明。「香港株は割安だし、投資家のリスクテー ク意欲は改善しつつある。相場を大幅に押し下げる大きな要因は見当た らないと投資家は考えている」と述べた。

中国の物流サービス会社、中国外運(598 HK)が香港市場で7.1% 高。スタンダードチャータードが投資判断を「アウトパフォーム」とし た。上海市場では鉄鋼メーカーの新疆八一鋼鉄(600581 CH)と電力会 社の新疆天富熱電(600509 CH)が共に10%高。習近平国家主席が新疆 ウイグル自治区の開発促進を表明したことが材料視された。

原題:Hong Kong’s Hang Seng Posts Biggest Monthly Gain Since September(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE