コンテンツにスキップする

ファブレット台頭でタブレット人気に陰り-アップルに圧力

スクリーンを大型化したスマートフ ォンの台頭で「iPad(アイパッド)」などタブレット端末の人気に 陰りが出ており、米アップルに戦略の見直しを迫る圧力が高まってい る。

米調査会社IDCは29日、2014年のタブレット出荷見通しを下方修 正した。世界出荷台数は12%増の2億4540万台と、これまで2億6090万 台としていた予想を引き下げた。昨年の伸び率は52%だった。

韓国のサムスン電子が投入した画面5.7インチ(約14.5センチ)の スマホ「ギャラクシー・ノート3」などは画像や電子書籍が見やすくな り、7.9インチ画面の「アイパッド・ミニ」などとの競争力を高めてい る。

スマホ、タブレット両方の特徴を備えているとしてIDCが「ファ ブレット」と呼ぶ大型スマホが今年1-3月(第1四半期)のスマホ販 売に占める割合は10.5%と、前年同期の4.3%から拡大した。

アップルの計画に詳しい関係者は昨年11月、同社がトレンドを捉え るため、スクリーンを大型化した新しい「iPhone(アイフォー ン)」の設計に取り組んでいると述べていた。

原題:Apple IPad Under Threat as Larger Phones Seen Gaining Favor (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE