中国シェールガス開発投資、米を大幅に上回る-BNEF予想

シェールガス開発で米国に追い付 き、エネルギーの自立性を高めようとする中国の取り組みには、多額の コストがかかる見通しだ。新たに発表された調査報告によると、中国の 一部のシェール層の開発費用は米国の約4倍に上る可能性がある。

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF) が29日発表した調査報告によると、中国はシェール層開発で約10年先行 している米国との差を縮めることを目指し、数十億ドルを投資する見通 しだ。中国のシェール層の天然ガス潜在埋蔵量は世界最大規模と推計さ れている。

アジアと欧州でシェール層開発プロジェクトが本格化すれば世界の ガス・石油価格に影響を及ぼし、英国や中国などで政府のエネルギー計 画が変わる可能性もある。中国では政府当局が中国石油化工 (SINOPEC)などの石油生産会社に対し、国家目標の達成を指示 している。

SINOPECの推計では、同社は四川盆地の涪陵でのシェール層 開発でガス井1カ所当たり平均1000万ドル(約10億2000万円)を投資す ることになる。BNEFによると、米国のガス井当たりの開発費用は最 も低いケースで260万ドル。

原題:China Seen Outspending U.S. Drillers to Chase Shale-Gas Boom(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE