コンテンツにスキップする

英国:5月の住宅価格が上昇、消費者信頼感は9年ぶり高水準

英国の5月の住宅価格は1年4カ月 連続で上昇し、消費者信頼感指数は9年ぶり高水準となった。景気改善 の見通しが広がっている。

英不動産調査会社ホームトラックによると、5月のイングランドと ウェールズの住宅平均価格は前月比0.5%上昇。前月は0.6%の上昇だっ た。英調査会社GfK・NOPが別途発表した5月の消費者信頼感指数 はゼロと、前月から3ポイント上昇。2005年4月以来のマイナス圏脱出 となった。

ホームトラックの調査担当ディレクター、リチャード・ドネル氏は 発表資料で、「力強い価格上昇と住宅バブルの可能性をめぐる臆測の広 がり、イングランド銀行(中央銀行)の住宅価格上昇に関する最近の警 告などを受けて、買い手の決意が試され始めている」と指摘した。

GfKによれば、景気見通しを示す指数は4ポイント上昇して12。 向こう1年の個人の財務状況に関する指数は1ポイント上昇の6で、高 額商品の購入意欲を示す指数はマイナス3と、1ポイント改善した。

原題:U.K. House Prices Rise as Consumer Optimism Hits Nine-Year High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE